OS/仮想化技術

SolarisContainers

ZoneExpressでは、仮想化技術のXenや、商用ソフトのVMware、Virtuozzoではなく、Solarisネイティブの"Solaris Container"仮想化技術を採用しています。

Solaris Containerは、仮想マシンタイプの仮想化技術と比べて、仮想化によるオーバーヘッドを極小化でき、より快適な仮想専用サーバ環境をユーザに提供することが可能となります。
また、CPU/メモリの使用率保証の実施も可能となり、他のユーザとのリソース競合の影響を遮断でき、真の仮想専用サーバー環境が実現できます。

比較表
- OS 仮想化技術 CPU保障 メモリ保障 root権限
共用サーバ Windows
Linux
- × × ×
一般的なVPS Windows
Linux
Xen
VMWare等
×
ZoneExpress Solaris SolarisZones
専用サーバ Windows
Linux
-

 

SolarisContainersと一般的なVPSの違い

SolarisContainersを利用したVPS環境

SolarisZone ZoneExpress ZoneExpressで使用している仮想化技術「Solaris Containers」機能は、OS層を仮想化することで、ハードウェアのエミュレートが必要なくなり、一般的なVPSと比べ各仮想専用サーバ環境のパフォーマンスの低下が極小化出来ます。
そのため、1台のハードウェア上に複数の高速アプリケーション実行環境(Zone)を構築できます。
また、Solaris Containers機能に含まれる「リソースマネージャー」により、各アプリケーション実行環境(Zone)毎にCPUなどサーバリソースの割当量に保証と制限を設けることが可能となります。
さらには、OSのアップデートやセキュリティパッチの適用などの管理面で一元管理が出来るメリットなどもあります。

 

一般的なVPS環境

一般的なVPS 一般的なVPSと呼ばれる仮想専用サーバの構成では、ハードウェア層の仮想化を行い、その上に別カーネルのOSを稼働させています。(Xen、VMware等)
そのため、VPS環境毎にOSの種類やバージョンを変更できるメリットがある反面、エミュレートのオーバーヘッドが大きくなる傾向にあります。

 

 

OpenSolarisプラットフォーム

ZoneExpressのOSにはOpenSolarisを使用しています。
オープンソース化を実施したSolarisは長年にわたり社会インフラシステムを支えてきた実績に加えてSolaris Container(Zone)技術や、ZFS、DTraceなど魅力的な機能を実装し、コミュニティの中でさらに進化し続けています。
また、開発者にとっては、SolarisのもつOSバージョン間でのバイナリ互換保障も、ソフトウェアの開発投資保護の観点から見て、魅力的な特徴の一つです。

ZoneExpressでは、OpenSolarisをプラットフォームとして選択し、Webアプリケーションに最適なプラットフォームを提供致します。

 

拡張性

ZoneExpressでは、スモールスタートが可能なZE-192プラン(メモリ:192M)から、大規模なサイトも運用可能なZE-4096プラン (メモリ:4096M)まで準備しており、運用サイトのアクセス拡大と共に、ダウンタイム無しスムーズにプランの拡張が可能です。

 

ハイパフォーマンスサーバ

Webアプリケーションの快適な動作には、デスクトップ用のCPUを積んだホワイトボックスのPCサーバではなく、複数Coreを持つハイエンドなサーバ向け64bitCPUが必要です。
ZoneExpressでは、Webアプリケーションの快適な動作を実現するため、複数Coreを持った64bit CPUと大容量のメモリを搭載し、ディスクにはSASディスクを使用した高性能・高信頼のx64サーバを使用しています。
一般的なレンタルサーバーでは通常使用しないハイグレードなサーバ環境をご利用頂けます。

ZoneExpressサーバースペック
CPU デュアルコア AMD Opteron ×2
メモリ 16GB PC2-5300 DDR2-667 ECC及びChipkill機能付き
ハードディスク SAS ホットプラグ対応2.5inchドライブ
OS OpenSolaris
電源 ホットスワップ対応の冗長構成電源