サービスの起動/停止

  1. サービスの稼働状態確認。稼働しているサービスを表示。
    $ svcs 
  2. サービスの稼働状態確認。全サービスを表示
    $ svcs -a
  3. サービスの起動。(例:Apache)
    1. 状態確認。
      $ svcs -a| grep http
      disabled       12:02:38 svc:/network/http:cswapache2
    2. 上記で確認したサービス識別子(svc:/network/http:cswapache2)を用いてサービスを起動させる。
      $ sudo svcadm enable svc:/network/http:cswapache2
    3. 状態確認。サービスの状態がonlineになっていることを確認
      $ svcs -a| grep http
      online         18:46:42 svc:/network/http:cswapache2

一意に識別が可能な場合にはサービス識別子の省略形も使用できる。

  1. サービスの停止。
  2. サービス起動NGの場合の確認・調査
サービス起動・停止.txt · 最終更新: 2008/02/12 12:26 (外部編集)
SolarisVPS/ZoneExpress Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0