ログローテート

初期設定では、下記パスにApacheのログファイルが出力されています。

アクセスログ:/var/log/httpd-access.log
エラーログ :/var/log/httpd-error.log

上記のファイルをSolarisのlogadm機能を使用してローテート処理を実行させるには次のように設定します。

ログローテート処理の追加

設定例1)1週間毎にログファイルをローテートさせ、8世代分を圧縮保存。

  • rootユーザー、もしくは、sudoコマンドを用いて、下記コマンドを実行
# logadm -w /var/log/httpd-access.log -C 8 -a '/opt/csw/apache2/sbin/apachectl graceful' -p 1w -z 0
# logadm -w /var/log/httpd-error.log -C 8 -a '/opt/csw/apache2/sbin/apachectl graceful' -p 1w -z 0
  • 設定内容の確認
# logadm -V

logadmの引数に小文字のvを使用して、”logadm -v”と入力すると即座に設定内容に基づきログのローテート処理が実行されますので、注意ください。

設定例2)日毎にログファイルをローテートさせ、未圧縮で2ファイル分、圧縮保存で28ファイル分、計30ファイル(世代)保存。

  • rootユーザー、もしくは、sudoコマンドを用いて、下記コマンドを実行
# logadm -w /var/log/httpd-access.log -C 30 -a '/opt/csw/apache2/sbin/apachectl graceful' -p 1d -z 2
# logadm -w /var/log/httpd-error.log -C 30 -a '/opt/csw/apache2/sbin/apachectl graceful' -p 1d -z 2
  • 設定内容の確認
# logadm -V

logadmの引数に小文字のvを使用して、”logadm -v”と入力すると即座に設定内容に基づきログのローテート処理が実行されますので、注意ください。

なお、logadm自体は、rootのcron処理にて実行されていますので、実際のログローテートの実行時間は、logadmのCron実行時間に依存します。
(初期設定では、日毎AM3時10分に実行されます)

ローテート処理の削除

  • 設定済みのローテート処理の削除は下記コマンドを実行(例:/var/log/httpd-access.log の場合 )
logadm -r /var/log/httpd-access.log
  • 設定内容の確認
# logadm -V
apache/ログファイル.txt · 最終更新: 2008/06/20 16:09 (外部編集)
SolarisVPS/ZoneExpress Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0