Apache初期設定

ZoneExpressでは、CSWパッケージのApache(ver2.2.x)を初期導入・設定しています。

設定ファイルパスは下記になります。

/opt/csw/apache2/etc/httpd.conf
/opt/csw/apache2/etc/extra/*.conf

PHPは初期設定でインクルード済みです。 上記設定ファイルに設定済みの初期設定内容は、下記のとおりです。

  • ServerRoot:/opt/csw/apache2
  • DocumentRoot:/opt/csw/apache2/share/htdocs
  • 起動ユーザー:webservd
  • 起動グループ:webservd

また、バーチャルホストをVirualminで設定した場合には、下記ディレクトリに設定ファイルが追加されます。

/opt/csw/apache2/etc/v-hosts/

手動でバーチャルホストを設定される場合には、上記ディレクトリに”*.conf”ファイルを作成すれば、インクルードされます。

なお、Apacheの起動・停止は、SMF機能により管理されます。 コマンドの具体例は下記のとおりです。

Apacheの操作方法

  • 状態確認
$ svcs http
  • 起動(ブート時にも自動起動)
$ sudo svcadm enable http
  • 停止(ブート時にも停止)
$ sudo svcadm disable http
  • リスタート
$ sudo svcadm restart http
  • リフレッシュ(設定再読込。Graceful restart)
$ sudo svcadm refresh http

上記の、起動・停止コマンドについては、ブート時の自動起動・停止の設定も行われます。ブート時の設定を変更せずに一時的に起動・停止を行う場合には

$ sudo svcadm -t enable http

のように”-t”をオプションとして指定します。

また、設定ファイルの設定ミスなどによりApacheが起動しなくなった場合には、

svcs -xv

により表示されるエラー情報、ログ情報を確認し設定情報を修正後、

svcadm clear http

もしくは

svcadm disable http
svcadm enable http

を実行し、再度確認します。

ログ

初期設定では、下記ファイルにログが出力されています。

  • アクセスログ
/var/log/httpd-access.log
  • エラーログ
/var/log/httpd-error.log

Virtualminを使用して新規バーチャルドメインを作成した場合には、デフォルトでは各々出力されます。

/home/<バーチャルドメイン>/log/httpd-access.log
/home/<バーチャルドメイン>/log/httpd-error.log

apache/初期設定.txt · 最終更新: 2008/07/30 18:19 (外部編集)
SolarisVPS/ZoneExpress Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0