Ploneインストール手順

前提条件

  • 以下の手順はZoneExpressにPloneをインストールする場合の手順となります。他のサーバにインストールする場合は設定が異なる場合があります。
  • 以下の手順は Plone3.0.6を用いて説明しています。バージョンにより内容が異なる場合がありますがご了承ください。
  • 以下の説明はFirefoxを用いて説明しています。
  • インストールにはターミナルエミュレータを利用しています。ターミナルエミュレータについてはご自身でご用意ください。
  • 弊社ではPloneに関するサポートは行っておりません。Ploneに関するご質問にはお答えできません

Plone必要システム

  • Zope2.10.2~Zope2.10.5
  • Python-2.4.2以降 Python-2.5系列では動作しません
  • Python Imaing Library
  • libxml2 (Python bindings)

Ploneのインストールには事前にZopeのインストールが必要になります。
Zope2.10.5のインストールはこちらを参照ください。
ZoneExpressは「Python2.4.4」、「Python Imaing Library」、「libxml2(Python bindings)」が導入済みです。

Python、Zope、Ploneはそれぞれのバージョンの組み合わせを考慮する必要があります。
JZUG(JapanZopeUserGroup)のWebサイトからバージョン対応表を確認してインストールを行ってください。

本説明では下記構成でのインストールとなります。

  • Zope 2.10.5
  • Python 2.4.4
  • Plone 3.0.6

■ファイルの用意

Plone WebサイトよりPloneをダウンロードし、任意のディレクトリに配置してください。
ここでは/home/adminに配置します。

Get Plone for all platformsからPlone-3.0.6.tar.gzをダウンロードします。

ファイルの解凍

$ cd /home/admin
$ tar xvfz Plone-3.0.6.tar.gz

Plone-3.0.6というディレクトリができる

■Ploneインストール

$ cd Plone-3.0.6/
$ ls

以下の5つのディレクトリ/ファイルがある事を確認してください。

INSTALL.txt        Products/          README.txt         RELEASENOTES.txt   lib/

利用するのはProductsディレクトリ、libディレクトリになります。 これらのディレクトリをZopeインストール時に作成した /usr/local/zopeinstance/Productsディレクトリに移動します。

●Productsの移動

予め移動先のディレクトリ内の確認を行ってください。

$ ls /usr/local/zopeinstance/Products

README.txtのみが存在している事を確認。

$ cd Products/
$ sudo mv * /usr/local/zopeinstance/Products

移動先のディレクトリにファイルが移動した事を確認してください。

$ ls /usr/local/zopeinstance/Products

●libの移動

予め移動先のディレクトリ内の確認を行ってください。

$ ls /usr/local/zopeinstance/lib/python

README.txtのみが存在している事を確認。

$ cd ../lib/python/

$ sudo mv * /usr/local/zopeinstance/lib/python

移動先のディレクトリにファイルが移動した事を確認してください。

$ ls /usr/local/zopeinstance/lib/python

不要ファイルの削除

不要になったディレクトリの削除を行います。

$ cd /home/admin
$ \rm -r Plone*

■Zopeインスタンスの再起動

$ cd /usr/local/zopeinstance/bin
$ su
# ./zopectl restart

別ウィンドウを開き、エラーログが出力されていない事を確認する。

$ cd /usr/local/zopeinstance/log
$ tail -f event.log

■ブラウザからの確認

WebブラウザからZope管理画面にアクセスします。

http://△△△.jp:8080/manage

インストール確認

左メニューの Productsをクリックします。
CMFPlone等、Plone関連のプロダクトが表示されていればインストールは成功です。

Ploneサイトの作成

左メニューのRoot Folderをクリックし、右画面のAddリストから「Plone Site」を選びます。

Add Plone Siteが表示されます。
IDを英数字で入力します。ここではplone001とします。
Add Plone Siteをクリックします。

左メニューにPlone001が追加されます。

表示されない場合はRefreshをクリックしてください。

作成されたPlone001を選択し、右画面のviewをクリックします。

ZopeワークスペースにPloneのトップ画面が表示されます。

Plone管理画面へのアクセス

http://△△△.jp:8080/plone001

(URL/作成したPloneサイト名)にアクセスすると、Ploneサイトのトップページが確認できます。

ログインする事で、通常コンテンツの作成はこの画面からZopeの管理画面を介さずにPlone上だけで操作を行う事ができます。
ログアウトする場合は、開いている全てのブラウザを閉じる必要があります。

以上でインストールは終了です。

関連リンク

cms/plone.txt · 最終更新: 2009/08/20 15:02 by admin
SolarisVPS/ZoneExpress Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0