TYPO3 3.8.1(quickstart版)インストール手順

前提条件

  • 以下の手順はZoneExpressにTYPO3をインストールする場合の手順となります。他のサーバにインストールする場合は設定が異なる場合があります。
  • 以下の手順は Quickstart 3.8.1を用いて説明しています。バージョンにより内容が異なる場合がありますがご了承ください。
  • 以下の説明はFireFoxを用いて説明しています。
  • インストールにはターミナルエミュレータを利用しています。ターミナルエミュレータについてはご自身でご用意ください。
  • 弊社ではTYPO3に関するサポートは行っておりません。TYPO3に関するご質問にはお答えできません

TYPO3必要システム

  • PHP4 or PHP5
  • MySQL
  • Apache

ZoneExpressはこれらの条件を満たしています。

■ファイルの用意

TYPO3サイトより最新版TYPO3をダウンロードします。

ここではquickstart-3.8.1.zipを利用します。

以下の手順では/opt/csw/apache2/share/htdocs/typo3にインストールします。

ファイルのダウンロード

$ cd /opt/csw/apache2/share/htdocs/
$ wget <ファイルURL>

ファイルの解凍

$ unzip quickstart-3.8.1.zip

quickstart-3.8.1というディレクトリができる

ディレクトリのリネーム

$ mv quickstart-3.8.1/ typo3

オーナー、グループの変更

$ sudo chown -R webservd:webservd typo3

“webservd”はZoneExpressで使用しているデフォルトのApacheの実行ユーザ・グループです。
必要であれば環境に合わせて修正してください。(ZoneExperssを使用している場合は通常上記で問題ありません。)

不要ファイルの削除

$ rm quickstart-3.8.1.zip

文字化け対処 文字化けを予防する為以下のファイルを編集してください。

$ sudo vi typo3conf/localconf.php

下記1行を追加してください。

$ TYPO3_CONF_VARS["BE"]["forceCharset"] = "utf-8";
$ sudo vi t3lib/class.t3lib_cs.php

charSetArrayの該当の箇所を修正。

修正前
'jp' => 'shift_jis',
修正後
'jp' => 'utf-8',

■インストールツールの有効化

http:△△△.jp/typo3/ にアクセスしてください。
以下の画面が表示されます。
<code> In the source distribution of TYPO3, the install script is disabled by a die() function call. Fix: Open the file typo3/install/index.php and remove/out-comment the line that outputs this message </code> ==== index.phpの編集 ==== /opt/csw/apache2/share/htdocs/typo3/typo3/install/index.phpの以下の箇所を編集しコメントアウトしてください。
<code> if (1==0 || (substr($_SERVER['REMOTE_ADDR'],0,7)!='192.168' && $_SERVER['REMOTE_ADDR']!='127.0.0.1')) { die(“In the source distribution of TYPO3, the install script is disabled by a die() function call.<br/><b>Fix:</b> O pen the file typo3/install/index.php and remove/out-comment the line that outputs this message!”); } </code> 再度http:
△△△.jp/typo3/にアクセスしてください。

■WEBブラウザからのインストール作業

データベース情報入力

情報を入力してください。

Username設定完了メールに記載されていたMySQLアクセス情報のユーザネーム(デフォルトではroot)
Password設定完了メールに記載されていたMySQLアクセス情報のパスワード
Host localhostのままでかまいません。

Continueをクリックして次へ進んでください。

データベースの作成

1: Select an existing EMPTY database予め作成したDBを利用する場合はここで選択し、2は空欄にしてください。
2: Create new database (recommended)作成するDBの名称を入力します。ここではtypodbとします。

Continueをクリックして次に進んでください。

データベース情報の確認

入力した情報に誤りが無い事を確認し、Import databaseをクリックして次へ進んでください。

インストール成功

以下の画面でひとまずインストールは成功しましたが、後処理がありますので引き続き作業を続けてください。

■ログイン確認

Go to the backend loginをクリックするか

http://△△△.jp/typo3/typo3/

にアクセスしてログイン画面を表示します。

デフォルトは以下のユーザとパスワードになっています。 ログイン出来る事を確認してください。

  • Username:admin
  • Password:password

以下の画面のようなエラーが表示されていますが、まず日本語化作業を行います。

■日本語化設定

TYPO3のWebサイトのExtensionのページから 日本語のランゲージパックを探します。

  • csh_jp_1.0.0.tx3をダウンロードして、ローカルに保存してください。
  • 「Ext Manager」からImport extensions from online repository を選択し

Uplord extension file から、ダウンロードしたcsh_jp_1.0.0.t3xを選択し、Upload extension fileをクリック

  • Install extensionをクリック
  • 左メニューのSetupをクリックし、LANGUAGEをJapaneseに変更し、Save Configrationをクリック
  • 左メニューが英語のままの場合はF5キー等で再読み込みを行います。

■警告文の修正

以下の警告文の修正を行います。

パスワードの変更

インストールツールのパスワード変更

The password of your Install Tool is still using the default value "joh316"

インストールツールのパスワードの変更を行います。
左メニューの「インストール」からインストールツールに移動し、新しいパスワードを入力してください。

adminユーザのパスワード変更

The backend user "admin" with password "password" is still existing

左メニューの「セットアップ」からユーザ設定に移動し、新しいパスワードを入力してください。

暗号キーの生成

The encryption key is not set! Set it in $TYPO3_CONF_VARS[SYS][encryptionKey]

黄色い警告画面上の$TYPO3_CONF_VARS[SYS][encryptionKey]をクリック

Encryption key:の項目のGeneratr random keyをクリックしEncryption keyを生成。

Update localconf.phpをクリック

管理画面のトップに戻り、警告が全て表示されなくなった事を確認してください、

■サイトの確認

http://△△△.jp/typo3/

にアクセスし、デフォルトのページが表示される事を確認してください。

以上でインストールは完了です。

関連リンク

cms/typo3_quickstart版.txt · 最終更新: 2009/08/20 15:09 by admin
SolarisVPS/ZoneExpress Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0