以前のリビジョンの文書です


TYPO3 3.8.1(quickstart版)インストール手順

前提条件

  • 以下の手順はZoneExpressにTYPO3をインストールする場合の手順となります。他のサーバにインストールする場合は設定が異なる場合があります。
  • 以下の手順は Quickstart 3.8.1を用いて説明しています。バージョンにより内容が異なる場合がありますがご了承ください。
  • 以下の説明はFireFoxを用いて説明しています。
  • インストールにはターミナルエミュレータを利用しています。ターミナルエミュレータについてはご自身でご用意ください。
  • 弊社ではTYPO3に関するサポートは行っておりません。TYPO3に関するご質問にはお答えできません

TYPO3必要システム

  • PHP4 or PHP5
  • MySQL
  • Apache

ZoneExpressはこれらの条件を満たしています。

■ファイルの用意

TYPO3サイトより最新版TYPO3をダウンロードします。

ここではquickstart-3.8.1.zipを利用します。

以下の手順では/opt/csw/apache2/share/htdocs/typo3にインストールします。

ファイルのダウンロード

$ cd /opt/csw/apache2/share/htdocs/
$ wget <ファイルURL>

ファイルの解凍

$ unzip quickstart-3.8.1.zip

quickstart-3.8.1というディレクトリができる

ディレクトリのリネーム

$ mv quickstart-3.8.1/ typo3

オーナー、グループの変更

$ sudo chown -R webservd:webservd typo3

“webservd”はZoneExpressで使用しているデフォルトのApacheの実行ユーザ・グループです。
必要であれば環境に合わせて修正してください。(ZoneExperssを使用している場合は通常上記で問題ありません。)

不要ファイルの削除

$ rm quickstart-3.8.1.zip

文字化け対処 文字化けを予防する為以下のファイルを編集してください。

$ sudo vi typo3conf/localconf.php

下記1行を追加してください。

$ TYPO3_CONF_VARS["BE"]["forceCharset"] = "utf-8";
$ sudo vi t3lib/class.t3lib_cs.php

charSetArrayの該当の箇所を修正。

修正前
'jp' => 'shift_jis',
修正後
'jp' => 'utf-8',

■インストールツールの有効化

http:△△△.jp/typo3/ にアクセスしてください。
以下の画面が表示されます。
<code> In the source distribution of TYPO3, the install script is disabled by a die() function call. Fix: Open the file typo3/install/index.php and remove/out-comment the line that outputs this message </code> ==== index.phpの編集 ==== /opt/csw/apache2/share/htdocs/typo3/typo3/install/index.phpの以下の箇所を編集しコメントアウトしてください。
<code> if (1==0 || (substr($_SERVER['REMOTE_ADDR'],0,7)!='192.168' && $_SERVER['REMOTE_ADDR']!='127.0.0.1')) { die(“In the source distribution of TYPO3, the install script is disabled by a die() function call.<br/><b>Fix:</b> O pen the file typo3/install/index.php and remove/out-comment the line that outputs this message!”); } </code> 再度http:
△△△.jp/typo3/にアクセスしてください。

■WEBブラウザからのインストール作業

データベース情報入力

情報を入力してください。

Username設定完了メールに記載されていたMySQLアクセス情報のユーザネーム(デフォルトではroot)
Password設定完了メールに記載されていたMySQLアクセス情報のパスワード
Host localhostのままでかまいません。

Continueをクリックして次へ進んでください。

データベースの作成

1: Select an existing EMPTY database予め作成したDBを利用する場合はここで選択し、2は空欄にしてください。
2: Create new database (recommended)作成するDBの名称を入力します。ここではtypodbとします。

Continueをクリックして次に進んでください。

データベース情報の確認

入力した情報に誤りが無い事を確認し、Import databaseをクリックして次へ進んでください。

インストール成功

以下の画面でひとまずインストールは成功しましたが、後処理がありますので引き続き作業を続けてください。

■ログイン確認

Go to the backend loginをクリックするか http:△△△.jp/typo3/typo3/にアクセスしてログイン画面を表示します。 デフォルトは以下のユーザとパスワードになっています。 ログイン出来る事を確認してください。 * Username:admin * Password:password ^^ 以下の画面のようなエラーが表示されていますが、まず日本語化作業を行います。 ^^ ===== ■日本語化設定 ===== TYPO3のWebサイトのExtensionのページから 日本語のランゲージパックを探します。 * csh_jp_1.0.0.tx3をダウンロードして、ローカルに保存してください。 * 「Ext Manager」からImport extensions from online repository を選択し Uplord extension file から、ダウンロードしたcsh_jp_1.0.0.t3xを選択し、Upload extension fileをクリック * Install extensionをクリック * 左メニューのSetupをクリックし、LANGUAGEをJapaneseに変更し、Save Configrationをクリック * 左メニューが英語のままの場合はF5キー等で再読み込みを行います。 ===== ■警告文の修正 ===== 以下の警告文の修正を行います。 ^^ ==== パスワードの変更 ==== === インストールツールのパスワード変更 === <html>The password of your Install Tool is still using the default value “joh316”</html> インストールツールのパスワードの変更を行います。
左メニューの「インストール」からインストールツールに移動し、新しいパスワードを入力してください。 ^^ === adminユーザのパスワード変更 === <html>The backend user “admin” with password “password” is still existing</html> 左メニューの「セットアップ」からユーザ設定に移動し、新しいパスワードを入力してください。 ^^ ==== 暗号キーの生成 ==== <html>The encryption key is not set! Set it in $TYPO3_CONF_VARS[SYS][encryptionKey]</html> 黄色い警告画面上の$TYPO3_CONF_VARS[SYS][encryptionKey]をクリック Encryption key:の項目のGeneratr random keyをクリックしEncryption keyを生成。 Update localconf.phpをクリック 管理画面のトップに戻り、警告が全て表示されなくなった事を確認してください、 ===== ■サイトの確認 ===== http:
△△△.jp/typo3/にアクセスし、デフォルトのページが表示される事を確認してください。

以上でインストールは完了です。

関連リンク

cms/typo3_quickstart版.1208761079.txt.gz · 最終更新: 2009/08/20 15:09 (外部編集)
SolarisVPS/ZoneExpress Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0