Zopeインストール手順

前提条件

  • 以下の手順はZoneExpressにZopeをインストールする場合の手順となります。他のサーバにインストールする場合は設定が異なる場合があります。
  • 以下の手順は Zope 2.10.5を用いて説明しています。バージョンにより内容が異なる場合がありますがご了承ください。
  • 以下の説明はFirefoxを用いて説明しています。
  • インストールにはターミナルエミュレータを利用しています。ターミナルエミュレータについてはご自身でご用意ください。
  • 弊社ではZopeに関するサポートは行っておりません。Zopeに関するご質問にはお答えできません

Zope必要システム

  • Python-2.4.2以降 Python-2.5系列では動作しません

ZoneExpressはPython2.4.4が導入済みです。

Python、Zope、Ploneはそれぞれのバージョンの組み合わせを考慮する必要があります。
JZUG(JapanZopeUserGroup)のWebサイトからバージョン対応表を確認してインストールを行ってください。

本説明では下記構成でのインストールとなります。

  • Zope 2.10.5
  • Python 2.4.4
  • Plone 3.0x

■インストールディレクトリの決定

インストールを行う為にディレクトリを決めてください。
ここでは以下のディレクトリにインストールするものとします。

  • 作業用ディレクトリ
/home/admin/zopework
  • インストールディレクトリ
/opt/local/zope
  • インスタンスディレクトリ
/opt/local/zopeinstance

■ファイルの用意

JZUG(Japan Zope User Group)よりZopeをダウンロードします。

ここではZope 2.10.5 for all platformsを利用します。

ファイルのダウンロード

$ mkdir /home/admin/zopework
$ cd /home/admin/zopework
$ wget <ファイルURL>

ファイルの解凍

$ tar xvfz Zope-2.10.5-final.tgz

Zope-2.10.5-finalというディレクトリができる

■Zopeインストール

configureの実行

インストール先ディレクトリを指定してconfigureを実行してください。

$ cd Zope-2.10.5-final/
$ ./configure --prefix=/opt/local/zope

以下のように表示されます。

Configuring Zope installation

Testing for an acceptable Python interpreter...

Python version 2.4.4 found at /usr/bin/python

The optimum Python version (2.4.4) was found at /usr/bin/python.

  - Zope top-level binary directory will be /opt/local/zope.
  - Makefile written.

  Next, run make.

Zopeのビルド

次にMakeコマンドを実行してZopeをビルドします。

$ make

ビルドログが表示され、最後に以下のログが表示されます。

Zope built. Next, do 'make install' (or 'make inplace',
followed by 'make instance' to run a Zope instance directly
from the build directory).

Zopeのインストール

ルートユーザに切り替えてmakeコマンドを実行してください。

$ su
パスワード <ルートパスワードを入力>
# bash
# make install

インストールログが流れ、最後に以下のログが表示されます。

Zope binaries installed successfully.
Now run '/opt/local/zope/bin/mkzopeinstance.py'

■作業ディレクトリの削除

作業ディレクトリは今後使いませんので削除してください。

# cd /home/admin
# rm -r zopework

■Zopeインスタンスの作成

mkzopeinstance.pyコマンドを実行し、インスタンスを作成します。
必要な情報を入力してください。

# /opt/local/zope/bin/mkzopeinstance.py
Directory /opt/local/zopeinstance (インスタンスを作成するディレクトリ)
Username (ユーザ名 Zope用アカウントの作成を推奨します)
Password (パスワード)
Verify password(パスワード再入力)

ユーザ作成

インスタンス作成時に新しいユーザを入力した場合は、ユーザの作成を行います。

# useradd -s /bin/false <ユーザ名>

■Zopeサーバ設定

zope.confを編集します。

# cd /opt/local/
# chown -R zope zopeinstance/
# cd zopeinstance/etc/
# vi zope.conf

149行目
修正前

#    effective-user chrism

修正後

effective-user zope

969行目
修正前

   address 8080

修正後

   address xxx.xxx.xxx.xxx:8080

xxx.xxx.xxx.xxxにはサーバのIPアドレスを入力してください。

Zopeにて通常のHTTPポート:80を使用する場合には、Apache等は停止させてください。

■Zopeインスタンスの起動

Zope起動コマンド

# cd /opt/local/zopeinstance/bin
# ./zopectl start

起動が実行されると以下のようなログが表示されます。

. daemon process started, pid=9593

エラーログの確認 INFOレベル以外のエラーログが出ていない事を確認してください。

$ tail -200 /opt/local/zopeinstance/log/event.log

停止コマンドは以下のようになります。(ここでは実行する必要はありません)

# cd /opt/local/zopeinstance/bin
# ./zopectl stop

■ブラウザからのアクセス

サーバ設定でポートを8080で設定した場合は以下のようなアドレスでアクセスしてください。

http://△△△.jp:8080/

ポートを80にして設定した場合は

http://△△△.jpでアクセスできます。

ZoneQuick Startというページが表示されればインストールは成功です。

■管理画面へのアクセス

以下のアドレスにアクセスすると管理画面に移動できます。

http://△△△.jp:8080/manage

インストール時に作成した、ユーザとパスワードを入力してください。
以下の管理画面が表示されます。

Zopeは管理画面の操作でCookieを利用します。Cookieを切っている場合はOnにしてください。

■管理画面の文字コード設定

管理画面の文字コード設定を行います。

中央フレーム「Properties」をクリックし、以下の内容を入力します。

Name management_page_charset
ValueUTF-8

「Add」ボタンをクリックします。

以上でインストールは完了です。

関連リンク

cms/zope.txt · 最終更新: 2008/04/21 15:39 (外部編集)
SolarisVPS/ZoneExpress Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0