差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

csk_tomcat [2009/08/14 14:12] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== CSK Tomcatインストール方法 ======
  
 +====== 概要 ======
 +Cool Stack概要につきましては[[:coolstackとは:]]を参照してください。
 +
 +\\
 +
 +
 +===== 前提条件 =====
 +
 +  * Cool Stack Runtimeがインストール済であること
 +
 +Cool Stack Runtimeのインストールがお済でない方は
 +
 +[[:coolstackとは:]]のページ下部の「Cool Stack Runtimeのインストール」手順を参考に、
 +
 +Cool Stack Runtimeをインストール後、以下の手順に進んでください。
 +
 +  * CSKampがインストール済であること
 +
 +TomcatをApache(httpd)と連動させるため
 +
 +事前にCSKampを[[:csk_amp:]]の手順を参考にインストールを済ませてください。
 +
 +\\
 +
 +
 +===== インストール手順 =====
 +
 +==== ファイルの入手 ====
 +
 +[[http://cooltools.sunsource.net/coolstack/|Optimized Open Source Software Stack (Cool Stack)公式サイト]]のページ中部のDownloadsよりダウンロードページへ行くことが出来ます。
 +
 +ログイン画面にて、Cool Stack Runtimeダウンロード時に登録した会員情報を入力してください。 
 +
 +{{:sun1.jpg|ログイン画面}}
 +
 +|Platform|Solaris 10 OS(x86)を選択します|
 +|I agree to the..|チェック(同意)を入れます|
 +|User Name|Sun会員に登録時のメールアドレス|
 +|Password|Sun会員に登録時のパスワード|
 +
 +ダウンロード画面へ進みます。
 +
 +{{:sun2.jpg|ダウンロード画面}}
 +
 +ここではインストール作業ディレクトリを/var/tmpとして進めていきます。
 +
 +ページ下部のDownload...からダウンロードし、サーバへFTPで/var/tmpアップロードするか
 +
 +各~pkg.bz2のリンクをコピーし、サーバへ直接wgetする事も出来ます。
 +
 +\\
 +
 +
 +  * サーバへ直接wgetする場合
 +
 +ダウンロードリンクURLが長い為、出来上がるファイル名が長い、若しくはダウンロードが失敗する場合があります。
 +
 +その為、下記のようにwgetの-Oオプションをつけて実行ください。 
 +
 +<code>
 +$ wget -O <ファイル名指定> <ダウンロードURL>
 +</code>
 +
 +  * コマンド例(CSKtomcatbundle_1.3.1_i386.pkg.bz2をwget)
 +
 +<code>
 +$ wget -O CSKtomcatbundle_1.3.1_i386.pkg.bz2 <ダウンロードURL>
 +</code>
 +
 +\\
 +
 +
 +==== ファイルの解凍 ====
 +
 +<code>
 +$ bzip2 -d CSKtomcatbundle_1.3.1_i386.pkg.bz2
 +</code>
 +
 +\\
 +
 +==== パッケージ変換 ====
 +<note>
 +ZoneExpressの環境によっては、下記手順が必要ではないケースがありますが
 +
 +その場合でも下記手順を実行して特に問題ありません。(本手順は環境差分を吸収するために実行する手順です)
 +</note>
 +
 +サーバ環境によりパッケージデータが読み込めないケースがあるため
 +
 +自環境に合わせたデータフォーマットの変換を行います。
 +
 +  $ pkgtrans CSKtomcatbundle_1.3.1_i386.pkg /var/tmp
 +
 +標準出力に下記、確認が出ますので<Enter>を入力してください。
 +
 +  The following packages are available:
 +  1  CSKtomcat5     Apache Tomcat 5.5.26
 +                    (i386) 5.5.26
 +  2  CSKtomcat6     Apache Tomcat 6.0.16
 +                    (i386) 6.0.16
 +  
 +  Select package(s) you wish to process (or 'all' to process
 +  all packages). (default: all) [?,??,q]: 
 +
 +下記、出力が確認出来れば完了です。 
 +
 +  Transferring <CSKtomcat5> package instance
 +  Transferring <CSKtomcat6> package instance
 +
 +
 +  
 +  
 +
 +
 +
 +==== CSKtomcatパッケージのインストール ====
 +
 +<code>
 +$ sudo pkgadd -d /var/tmp
 +</code>
 +
 +<note>
 +標準出力に下記、確認が出ますが、ここで<Enter>を入力するとCSKtomcat5とCSKtomcat6を両方インストールされます。
 +
 +ディレクトリ、プログラムも別々の扱いとなるため、両方インストールしても問題はありません。
 +
 +また、CSKtomcat5のみインストールする場合は"1"を、CSKtomcat6のみインストールする場合は"2"を入力してください。
 +</note>
 +
 +<code>
 +The following packages are available:
 +  1  CSKtomcat5     Apache Tomcat 5.5.26
 +                    (i386) 5.5.26
 +  2  CSKtomcat6     Apache Tomcat 6.0.16
 +                    (i386) 6.0.16
 +
 +Select package(s) you wish to process (or 'all' to process
 +all packages). (default: all) [?,??,q]:
 +</code>
 +
 +更に、ルート権限での確認が出ますが、sudoを使用しているので"y"を入力します。
 +
 +<code>
 +このパッケージには、パッケージのインストール処理中にスーパーユーザーの
 +アクセス権で実行するスクリプトが含まれています。
 +
 +<CSKtomcat5> のインストールを継続しますか [y,n,?] y
 +</code>
 +
 +下記出力を確認出来ればCSKtomcat5インストール成功です。
 +
 +<code>
 +...
 +<CSKtomcat5> のインストールに成功しました。
 +</code>
 +
 +\\
 +
 +
 +続けてCSKtomcat6をインストールする場合も上記手順と同様に手順を進めてください。
 +
 +<code>
 +このパッケージには、パッケージのインストール処理中にスーパーユーザーの
 +アクセス権で実行するスクリプトが含まれています。
 +
 +<CSKtomcat6> のインストールを継続しますか [y,n,?] y
 +...
 +<CSKtomcat6> のインストールに成功しました。
 +</code>
 +
 +\\
 +
 +
 +/opt/coolstack配下にインストールしたバージョンのtomcatディレクトリが作成されていることを確認してください。
 +
 +  * CSKtomcat5のインストールディレクトリ(CSKtomcat5をインストールした場合)
 +
 +<code>
 +$ ls -ld /opt/coolstack/tomcat5
 +</code>
 +
 +  * CSKtomcat6のインストールディレクトリ(CSKtomcat6をインストールした場合)
 +
 +<code>
 +$ ls -ld /opt/coolstack/tomcat6
 +</code>
 +
 +\\
 +
 +==== 不要ファイルの削除 ====
 +不要となったパッケージディレクトリを削除します。
 +
 +
 +  * CSKtomcat5のパッケージディレクトリの削除(作成した場合のみ)
 +
 +  $ \rm -rf CSKtomcat5/
 +
 +  * CSKtomcat6のパッケージディレクトリの削除(作成した場合のみ)
 +
 +  $ \rm -rf CSKtomcat6/
 +
 +
 +\\
 +
 +
 +==== CSKtomcatの設定 ====
 +
 +  * 使用メモリの設定
 +
 +CSKtomcatはJavaを利用している為、動作時に使用メモリ不足のエラーが発生する場合があります。
 +
 +その為、SMFコマンドを利用して適切なメモリの値を設定する必要があります。
 +
 +ここでは使用メモリの値を64Mに設定しています。
 +
 +  * 設定例(CSKtomcat5)
 +
 +<code>
 +$ sudo svccfg -s svc:/network/http:tomcat5-csk setenv -m start JAVA_OPTS -Xmx64m
 +$ sudo svccfg -s svc:/network/http:tomcat5-csk setenv -m stop JAVA_OPTS -Xmx64m
 +</code>
 +
 +  * 設定例(CSKtomcat6)
 +
 +<code>
 +$ sudo svccfg -s svc:/network/http:tomcat6-csk setenv -m start JAVA_OPTS -Xmx64m
 +$ sudo svccfg -s svc:/network/http:tomcat6-csk setenv -m stop JAVA_OPTS -Xmx64m
 +</code>
 +
 +\\
 +
 +
 +==== CSKtomcat起動 ====
 +
 +設定は終わったのでCSKtomcatを起動します。
 +
 +<note>
 +CSKtomcat5,CSKtomcat6を共にインストールしている場合、競合とメモリ負担を避ける為
 +
 +CSKtomcat5,CSKtomcat6の同時起動は推奨致しません。
 +
 +起動する場合はCSKtomcat6(5)の停止を確認後、CSKtomcat5(6)を起動してください。
 +</note>
 +
 +  * 起動方法(CSKtomcat5)
 +
 +<code>
 +$ sudo svcadm enable svc:/network/http:tomcat5-csk
 +</code>
 +
 +  * 起動方法(CSKtomcat6)
 +
 +<code>
 +$ sudo svcadm enable svc:/network/http:tomcat6-csk
 +</code>
 +
 +\\
 +
 +
 +  * 起動確認(CSKtomcat5)
 +
 +<code>
 +$ svcs -a | grep tomcat
 +disabled       17:22:56 svc:/network/http:tomcat6-csk
 +online         10:19:30 svc:/network/http:tomcat5-csk
 +</code>
 +
 +  * 起動確認(CSKtomcat6)
 +
 +<code>
 +$ svcs -a | grep tomcat
 +disabled       11:16:10 svc:/network/http:tomcat5-csk
 +online         11:16:30 svc:/network/http:tomcat6-csk
 +</code>
 +
 +\\
 +
 +  * (参考)CSKtomcat5停止方法
 +
 +CSKtomcat5を停止する際は下記を実行してください。
 +
 +<code>
 +$ sudo svcadm disable svc:/network/http:tomcat5-csk
 +</code>
 +
 +  * (参考)CSKtomcat6停止方法
 +
 +CSKtomcat6を停止する際は下記を実行してください。
 +
 +<code>
 +$ sudo svcadm disable svc:/network/http:tomcat6-csk
 +</code>
 +
 +\\
 +
 +
 +  * ブラウザより確認する。(CSKtomcat5&CSKtomcat6共通)
 +
 +自サーバのブラウザ画面からデフォルトのTomcatページを確認してください。
 +
 +|http://△△△.jp:8080/|
 +
 +\\
 +
 +==== 参考リンク ====
 +  * [[:coolstackとは:]]
 +  * [[:csk_amp:]]
csk_tomcat.txt · 最終更新: 2009/08/14 14:12 (外部編集)
SolarisVPS/ZoneExpress Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0