PostFixのメール転送設定

メール転送設定概要

メール転送設定とは

1つのメールアドレスに対して送られたメールを他のメールアドレスに自動転送する設定のことです。

例えばsupport@example.jp宛に送ったメールは

user1@example.jp 宛とuser2@example.jp 宛に届くといった設定が出来ます。

以下ではZoneExpress環境で使用しているメールサーバ、Postfixでの設定方法を記述していきます。

メールサーバのバージョンはお引渡しのサーバー環境により異なります。

以下の手順は初期インストールのcswパッケージを前提に記述しています。

■メールサーバ(Postfix)のバージョン確認

  • 作業するディレクトリへ移動する

 事前にメールサーバのバージョン確認を行います。

$ postconf  | grep mail_version

下記出力のmail_versionがお使いのメールサーバのバージョンとなります。

mail_version = 2.4.6
milter_macro_v = $mail_name $mail_version

バージョンによって作業ディレクトリが異なります。

mail_version = 2.4.6だった場合

$ cd /etc/opt/csw/postfix

mail_version = 2.2.8だった場合

$ cd /opt/csw/etc/postfix

自環境に適したディレクトリへ移動できた事を確認し次へ

■aliasesファイルを編集

設定ファイルを編集するため、管理者権限に変更する必要があります。

$ su -

エイリアスファイルの編集を行います。

下記は一例となります。

元となるアドレスsupport@netcube.ne.jp
転送先となるアドレスhogehoge@netcube.ne.jp
転送先となるアドレスhogehoge2@netcube.ne.jp

※元となるアドレス、転送先アドレスのユーザが存在しない場合は

 メールアドレス追加方法にしたがって作成しておく必要があります。

# vi aliases

-----------------------------------------
bin:            root
daemon:         root
named:          root
nobody:         root
uucp:           root
www:            root
ftp-bugs:       root
postfix:        root
support:        hogehoge@netcube.ne.jp, hogehoge2@netcube.ne.jp

# Put your local aliases here.

# Well-known aliases
manager:        root
dumper:         root
operator:       root
------------------------------------------

上記の support の行に、追加するメールアドレスを追加。

(,)で繋げれば転送先を増やすことは可能です。

保存したら次へ。

  • 上記のエイリアスファイルの情報を反映
# newaliases

上記のコマンドを打てば手順は完了です。

実際にメールを送信して確認を行ってください。

メールの送受信の際に/var/log/syslogにErrorの出力がないことを確認してください。

postfix/メール転送設定.txt · 最終更新: 2009/06/03 10:07 (外部編集)
SolarisVPS/ZoneExpress Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0