OpenPNEインストール手順

前提条件

  • 以下の手順はZoneExpressにOpenPNEをインストールする場合の手順となります。他のサーバにインストールする場合は設定が異なる場合があります。
  • 以下の手順は OpenPNE2.10.4.2(tar.gz版)を用いて説明しています。バージョンにより内容が異なる場合がありますがご了承ください。
  • インストールにはターミナルエミュレータを利用しています。ターミナルエミュレータについてはご自身でご用意ください。
  • 弊社ではOpenPNEに関するサポートは行っておりません。OpenPNEに関するご質問にはお答えできません

OpenPNE必要システム

  • Apache
  • PHP 4.3.x / 5.0.x 以降
  • MySQL 4.0 以降 (4.1 以降を推奨)
  • Postfix 2.1.x 以降を推奨

ZoneExpressはこれらの条件を満たしています。

インストールディレクトリ

ここでは、以下のディレクトリにOpenPNEをインストールするものとします。 ご自身の環境に置き換えてお読みください。

公開ディレクトリ /opt/csw/apache2/share/htdocs/openpne
インストールディレクトリ/usr/local/OpenPNE

■ファイルの用意

ファイルのダウンロード

OpenPNE公式サイトよりOpenPNEをダウンロードします。

ここではOpenPNE-2.10.4.2.tar.gzを利用します。

$ cd /opt/csw/apache2/share/htdocs/
$ wget <ファイルダウンロード先URL>

ファイルの解凍

ファイルを解凍し、不要となったzipファイルの削除を行います。

$ tar xvfzp OpenPNE-2.10.4.2.tar.gz
$ rm OpenPNE-2.10.4.2.tar.gz

ディレクトリ/ファイルの配置

$ mv OpenPNE-2.10.4.2/ OpenPNE

public_htmlディレクトリを公開ディレクトリに移動します。

$ mv OpenPNE/public_html/ /opt/csw/apache2/share/htdocs/openpne

それ以外のファイルを、/usr/localディレクトリに移動します。

$ sudo mv OpenPNE /usr/local/OpenPNE

/usr/local/OpenPNE/var以下のすべてのディレクトリに書込み権限を付与します。

$ chmod -R 777 /usr/local/OpenPNE/var

■ファイルの修正

インストールディレクトリのconfig.phpの設定

$ cd /usr/local/OpenPNE
$ cp config.php.sample config.php
$ sudo vi config.php

Web上の絶対パスの設定

変更前

// Web上の絶対パス(URL)(最後にスラッシュを付けてください)
define('OPENPNE_URL', 'http://sns.example.com/');

変更後(例)

// Web上の絶対パス(URL)(最後にスラッシュを付けてください)
define('OPENPNE_URL', 'http://△△△.jp/openpne/');

データベースサーバ設定

MySQLアクセス情報を参照し、データベース設定を行います。
ここでは、以下の条件で設定を行うものとします。必要に応じてユーザの作成を行ってください。

ユーザーroot(デフォルト)
データベース名openpne

変更前

// DBサーバ設定
$GLOBALS['_OPENPNE_DSN_LIST']['main'] = array(
'dsn'  => array(
    'phptype'  => 'mysql',
    'username' => '',
    'password' => '',
    'hostspec' => 'localhost',
    'database' => '',
    'new_link' => false,
    ),
);

変更後(例)

// DBサーバ設定
$GLOBALS['_OPENPNE_DSN_LIST']['main'] = array(
'dsn'  => array(
    'phptype'  => 'mysql',
    'username' => 'root',
    'password' => '*********',
    'hostspec' => 'localhost',
    'database' => 'openpne',
    'new_link' => false,
    ),
);

ENCRYPT_KEY: 暗号キー

DB暗号化キー 56バイト(28文字)以内の半角英数字で文字を入力します。

ここでは以下のコマンドで暗号キーをランダム生成し、値を入力します。

$ mkpasswd -l 56
asvkd5sfrwqmfkmkwchsvjvndhitzamk8jthr(drfamxucyidpdzVXac

変更前

// DB暗号化キー(56バイト以内のASCII文字列)
define('ENCRYPT_KEY', '');

変更後(例)

// DB暗号化キー(56バイト以内のASCII文字列)
define('ENCRYPT_KEY', 'asvkd5sfrwqmfkmkwchsvjvndhitzamk8jthr(drfamxucyidpdzVXac');

メールサーバドメイン

変更前

// メールサーバードメイン
// 携帯メール投稿の宛先などのドメイン名に使われる
define('MAIL_SERVER_DOMAIN', 'mail.example.com');

変更後(例)

// メールサーバードメイン
// 携帯メール投稿の宛先などのドメイン名に使われる
define('MAIL_SERVER_DOMAIN', '△△△.jp');

公開ディレクトリのconfig.inc.phpの設定

$ cd /opt/csw/apache2/share/htdocs/openpne/
$ sudo vi config.inc.php

インストールディレクトリのパスを入力します。

変更前

define('OPENPNE_DIR', realpath('../'));

変更後

define('OPENPNE_DIR', realpath('/usr/local/OpenPNE'));

■データベースの作成

$ mysql -u root -p<パスワード>
mysql> CREATE DATABASE openpne;

ユーザを作成した場合は以下のコマンドで権限を付与してください。

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON openpne.* TO <ユーザ名>@localhost IDENTIFIED BY '<パスワード>';
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

OpenPNE で用意されている,テーブル定義・初期データの SQL 文を実行します.

$ cd /usr/local/OpenPNE/setup/sql/mysql41/install
$ mysql -u <ユーザ名> -p<パスワード> openpne < install-2.10-create_tables.sql
$ mysql -u <ユーザ名> -p<パスワード> openpne < install-2.10-insert_data.sql

■WEBブラウザからのセットアップ

WEBブラウザからサイトURLに?m=setupをつけたURLにアクセスします。

初期メンバー

SNS名SNSの名称を入力してください。
PCメールアドレスあなたの有効なメールアドレスを入力してください。
パスワードパスワードを設定してください。

パスワード(確認)|パスワードを再入力してください。|

管理用アカウント

管理用アカウント名管理者のアカウント名を設定してください。
管理用パスワードパスワードを設定してください。
管理用パスワード(確認)パスワードを再入力してください。

セットアップ実行をクリックします。

以下のURLから、サイトの確認を行います。

ログイン画面/openpne/?m=admin&a=page_login初期メンバーでログイン
管理画面 /openpne/?m=pc管理用アカウントでログイン

関連リンク

sns/openpne.txt · 最終更新: 2009/08/20 15:21 by admin
SolarisVPS/ZoneExpress Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0