WS版Rubyインストール

本手順ではWeb Stack版のRubyパッケージのインストール手順を説明しています。

前提条件

Web Stack必須パッケージ“wsbase”のインストールが済んでいること。

インストールが済んでいない場合はWeb Stackについての必須パッケージインストールの項目を参考にしてください。

CSWパッケージのアンインストール

競合を避ける為、CSWruby,CSWrubygems,CSWrakeがインストールされている場合、アンインストールを行う必要があります。


パッケージの確認

インストールされているパッケージリストから、CSWRubyの有無を確認します。

$ pkginfo | grep ruby

出力に、下記3点のいずれかでも存在した場合は各アンインストール手順を実行下さい。

下記いずれも該当しなかった場合はWeb Stack版ruby,rubygemsのインストールへお進みください。

出力例

application CSWrake                      rake - Simple ruby build program similar to make
application CSWruby                      ruby - An object-oriented language for quick and easy programming.
application CSWrubygems                  rubygems - Ruby package manager


CSWrakeのアンインストール

$ sudo pkgrm CSWrake

標準出力に削除確認が出るので“y”を入力します。

次のパッケージは現在インストールされています:
   CSWrake  rake - Simple ruby build program similar to make
            (all) 0.6.0,REV=2005.09.21

このパッケージを削除しますか [y,n,?,q] y

下記出力を確認出来れば、アンインストール成功です。

<CSWrake> の削除に成功しました。

CSWrubygemsのアンインストール

$ sudo pkgrm CSWrubygems

標準出力に削除確認が出るので“y”を入力します。

次のパッケージは現在インストールされています:
   CSWrubygems  rubygems - Ruby package manager
                (all) 0.9.2,REV=2007.04.02

このパッケージを削除しますか [y,n,?,q] y

下記出力を確認出来れば、アンインストール成功です。

<CSWrubygems> の削除に成功しました。


CSWrubyのアンインストール

$ sudo pkgrm CSWruby

標準出力に削除確認が出るので“y”を入力します。

次のパッケージは現在インストールされています:
   CSWruby  ruby - An object-oriented language for quick and easy programming.
            (i386) 1.8.6,REV=2007.10.03_p110

このパッケージを削除しますか [y,n,?,q] y

下記出力を確認出来れば、アンインストール成功です。

<CSWruby> の削除に成功しました。


Web Stack版ruby,rubygemsのインストール

パッケージインストール

Web Stackアーカイブを展開したディレクトリへ移動します。

$ cd /var/tmp/webstack

インストールを実行します。

$ sudo pkgadd -d sun-ruby18.pkg

下記、標準出力の確認が出るので<Enter>を入力します。

The following packages are available:
  1  sun-ruby18     Ruby & RubyGems
                    (i386) 1.8.7


Select package(s) you wish to process (or 'all' to process
all packages). (default: all) [?,??,q]:

正常にインストール終了し、下記出力を確認出来ればインストール成功です。

<sun-ruby18> のインストールに成功しました。


環境変数の設定

インストールのみではコマンドパスが通っていない為、フルパスで実行しなくてはなりません。

その為、コマンドパスを設定します。

コマンドパスを変更するを参考にユーザの.bashrc/opt/webstack/binの追加設定を行ってください。


インストールパス

今回インストールしたRuby関連のパスは以下の通りです。

Rubyインストールディレクトリ/opt/webstack/ruby/1.8/
Rubygemsインストールディレクトリ/var/opt/webstack/ruby/1.8/gem_home/
コマンドディレクトリ/opt/webstack/bin/
ws/ruby.txt · 最終更新: 2009/09/24 14:22 by admin
SolarisVPS/ZoneExpress Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0